7つの習慣

裏7つの習慣 第2の習慣「目的を持たないで走り出せ」

投稿日:

rawpixel / Pixabay


7つの習慣には
目的を持ち進める事を勧めているらしい
優等生はこれで目的を持ち、成功したの人生を生きる
と信じる事が出来るようだ。

今までの目的って何だったのか

もともと目的無く生きていたのか?
翻弄され、苦しみにまみれながらもそれぞれ何かをめざし生きてきた。
しかし、自分に意味のない勝利を、他人が必要とした勝利を
消耗しながら勝ち取ってきたのだ。

戦争全体で勝つ前に目の前の争いに勝つ事を優先してきた。
逃亡すればいい争いに参加してきたのだ。

目の前の争いに勝つ事ばかり考えていたが
参加すべき戦争なのか考えるべきであった

緊張状態で目標を考えられるのか

目の前で銃を向けられている状態で「参加すべき戦争とは?」
なんて考えられるか?
せいぜい頭に浮かぶのは
「弾をどうよけるか」「打たれた後にどう生き延びるか」
ぐらいだろ。

結局、目的は恐怖に支配されている。
赤いメガネをかけていると赤い紙は白に見えるのだ。
苦しみに現実を歪んで見ている状態で目的を作っても
本書にある通り「活動の罠」である。
リーダシップよりマネジメントを優先させてしまうのである。

だから、永久に出せない答えを見つけるなどできないのだ
無駄な事に時間をかけず目の前の課題を片づけよう。

メガネをかけていない人間、外す事に成功した人間の目標を参考にする。
ってのはズルだからやっちゃだめだよ。

-7つの習慣
-, ,

Copyright© 思考を思考する , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.