思考を思考 マスターの教え

「他者中心」で疲れた人はこれを試してほしい

更新日:

TheMessageOfAMaster
常に他人を気にし自分を偽って生きている。
自分は偽って生きているのか?本当の自分ってどんなだったか?
わからないまま周囲に合わせ、振り回されていると感じているならこの記事を読んでほしい。

 

他人の感情や価値観に合わせ生きると「他者中心」となる

自分がわからない、他人に振り回されると感じるのは他人を基準にしているから
感じる事が出来るのは自分の感情だけです。
他人の感情は感じるのではなく思考で疑似的に生み出しています。
人は考える事と感じる事を同時にできないので
他者中心になっていると他者の考えを常に思考し、自分が感じている事に気づかなくなるようです。
そもそも、自分の外は統一性が無く、様々な人や事象があり複雑。
どれだけ分析しても、考えてもつかめない。コントロールできるわけがないのだ。

 

「自己中心」ってどんな状態なのか考えてみるとわからないかも

自分自身を受け入れた時の満足感を感じる
自分の意思を表現した時の満足感を感じる
自分の為に行動した時の満足感を感じるのが自己中心
他人の感情や態度といった自分に不要な物を気にせず、
自分にふさわしい物や行為に囲まれて生きる事が「自己中心」
我々が考えるべきは「これは自分にふさわしくない」ではない
我々が考えるべきは「自分にふさわしいものはなに?」なのだ

他人のいう事を聞かないのが自己中心なのだろうか
なんか違う気がする…

自分にふさわしいものって何か…
急に考えてもわからない…

 

どうやったら「自己中心」になれるんだ?できてる人に聞いてしまおう。

周囲の自分への評価や態度は気になるもの。
誰しも自然に「他者中心」になってしまう。
「他者中心」に陥ってしまう原因とは何なのか?
「自己中心」に切り替え、維持するにはどうすればいいの?
マスターの教え」は「他者中心」の意識に振り回されず「自己中心」を選択する生き方への切り替え方について書かれています。

 

買わなくても読める「マスターの教え」

「マスターの教え」は検索すれば多くの要約や解説、全文を見る事も可能です。
相性もあるかもしれません。まずは読んでみてください。
ここで全文読めます

私のお勧めは繰り返し読むことです。
自分なりの気づきを本にメモしてオリジナルの「マスターの教え」を作ってください。

LINK:たった144ページのこの本の読み方>>

「マスターの教え」繰り返し読むことで効果が高まる本

 

↓↓あなたはあなたの人生を生きていますか?一緒に100回読もうぜ↓↓

-思考を思考, マスターの教え
-, , , , , ,

Copyright© 思考を思考する , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.