思考を思考

失敗が怖い、行動できないから脱却する思考

更新日:


現在の不快と感じる実感を
間違っていると思えば、私は我慢するだろう。
結果、不快は永遠に続くだろう。

正しいと思えば、満足できる状況を自分で作るだろう。
数度の失敗や変更は発生するが少しずつ良くなるだろう。

なぜ間違っていると思うのか、どうすれば正しいと思えるのか
思考を思考してみました。

 

失敗を避けたい時ほど他者中心になる

失敗するんじゃないか?と思っている時は
失敗の回避しかしていないので成功する方法を行わない。
失敗を周囲に認識されまいとし、他人の視線や感情が気になる。

一方、自分の得意分野に関しては失敗する心配がないどころか
トラブルすら自分の能力を披露できるチャンスになってしまうので
何をやっても自分の実感が正しいと思う。

大事なのは他者中心になりたくないとか自己中心でやってみようって思っていない所
「失敗するかも…」なのか「失敗してもどうにかなるわ」のどっちの
気持ちでいるかで結果、他者中心の時があるし、自己中心になるときもある。

 

不得意な分野でも未経験の分野でも自己中心でいるには

自分の実感に自信が無いのは周囲の事例しか知らないからかもしれない
使いっ走りさせられていたのに生き生きしていた過去の自分
正解の判断を周囲の行為や反応だけでは、情けない自分しか見えなかった
松下幸之助の成功した考えをしり初めて状況を変える事が出来た。

LINK>使いっ走りさせられていたのに生き生きしていた過去の自分の話

いじめを克服する。情けなさすら自分の強みに変える本。

 

うまく生きる(失敗しない、変化しなくていい)ことより、うまく生きている人を探そう

他者中心を脱却するには成功事例が必要なんだ。
うまくいく感覚さえあれば、なりたくても他者中心にならないかも
勝手に自己中心になってしまうのかも

 

↓↓この本を参考にしました↓↓

-思考を思考
-, , , , , , , , ,

Copyright© 思考を思考する , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.