悪魔の助言

理由がないけど悲しいのはポジティブだからと悪魔が言いだした

更新日:


ネガティブな感情がある事がダメであるという様に
ネガティブな感情、行動、出来事を押し殺す
本当にダメなのか
消化しなかった感情はどこへ行くのだろうか

 

人間には忘れる能力がある
忘れるといってもどこまで忘れるのだろうか
そういえば以前にもあいつからはこんなこと言われたんだった
あいつはいつも俺の気持ちをわかってくれない
きっかけがあれば過去の出来事を思い出せるだろ
それって忘れたんじゃなくて
「記憶にある」って事を忘れただけで
本当は記憶にあるのではないか

 

感じるから原因がわかる対処と予防を使い分ける事が出来る


「いつまでもくよくよしない」

「気持ちを切り替えて」

「もっと苦労している人はいる」

「過去は変えられない、前を見て」

こんな言葉はネガティブな感情を感じる事が悪いと言っているようだ

ネガティブな感情に支配されるのは嫌なんだ

しかし、生きている限り

感情はあるだろ
感情を感じるだろ

悲しいときは悲しいままか?

お腹が痛いなら痛みどめで感じない様にするのではなく

便秘なのか、食中毒なのか原因を探るだろ

便秘なら排出し、食中毒なら食べない様に学ぶ

どの様にお腹が痛いかわかるから対処できるんだ

 

隠したネガティブ感情は消えない


失敗した料理は食べないで

蓋してほっとくと腐って悪臭を放つ

まずい物は食べないよ

お前の心の部屋はルールがごちゃ混ぜでとっ散らかっているから

蓋した料理を部屋のどこかに仕舞い込むと見つけることすら困難になる

悪臭放ちっぱなしで部屋は臭いが何処で料理が腐っているのかわからない

原因の見つからない悪臭がお前の心の部屋いっぱいに立ち込める

 

理由が無いのに漠然と不安なのは…


普段は臭いを気にしない様に日々の雑務に没頭しているが

日々の雑務から手を放すと自分の部屋いっぱいに

悪臭がこもっていると気づく

臭いのに臭くないと思い込んでいるって事?

気付いたら理由なく不安になっている事は無いか?

気付いたら理由なく焦ってないか?

忘れていた感情のせいなの?

失敗した料理は

何を混ぜたからなのか

何が足りなかったか分析し

味わって完食してあげるべきだ

 

「急に悲しくなった」はもともと悲しかったがごまかせていただけ

ネガティブな感情を感じない様にしており

普段は押し殺す事に成功しているが

何かに気を取られ押し殺す事がおろそかになると抑圧していた感情が突然現れる

 

↓↓抑圧する癖から自分を解放しよう↓↓

-悪魔の助言
-, , ,

Copyright© 思考を思考する , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.