うつ病の原因

うつ病になり、2ヶ月休んだ後、原因を見つけた話 第2話

投稿日:


医師からは「重症です全治3ヶ月」と言われたのに
休んだとたんに僕は症状が治まってしまった
仕事から離れ、頑張らなくなったから治ったのではない
自分が苦しんだ仕事の課題が他人の課題になった
自分が感じていた苦しさが他人の物となり、今は他人が経験しているのだと考えた時
「思い知らせることができた!」って思った
すると胸が軽くなり、憂鬱だとか声が出しにくいといった症状はなくなってしまった。

 

うつになった原因の一端

僕をうつ病にしたのは「理解されたいのに理解されない」だったのだ
でも、これは僕がうつになった理由の一端が見えただけ
本当の原因はまだこの頃は見えておらず、後にわかる

 

1回通院して心療内科に行かなくなった

心療内科はカウンセリングをしてくれる場所ではないようで
最近の調子を伝えるだけで診察が終わってしまう
通院する意味が見いだせず、病院に行くことをやめてしまった

 

予防法がわからないから復帰したくない

休み始めてから一ヶ月が経過した
診断書には全治2ヶ月と書かれていたので復帰の日まであと一ヶ月となった
勝手に通院をやめてしまったので休暇期間を延ばすこともできない
僕は治ったのではなく、理解させた(と思えた)から一時的に楽になっただけ
また職場に復帰し、辛かったらうつになるのかもしれない
うつにはもうならないって確信がないと怖くて復帰したくない
なぜ僕はうつ病になったのか
僕は他人と何が違うのか
病気になった原因と対策がないまま復帰して、また苦しい状況に追い込まれると過呼吸になったり、声を出しにくくなったりするんだろうか
ネットやSNSでは限界を超えて頑張りすぎたからうつ病になったと書かれている
僕はもう頑張れないのか、頑張る事を避け続けて生きなければならないのか
会社に復帰したら「僕は頑張ると過呼吸になったりするので頑張らないでいい仕事させてください」とでも言えばいいのか
うつ病への対策がわからないから復帰が怖かった

 

上司から復帰の手続きのショートメールが来た

休暇から一ヶ月半ほど経過した頃に上司から問題なければ復帰に向け産業医を交えとの面談をしたいとショートメールが来た
治った実感がないまま2ヶ月が経過し僕は復帰の日を迎えることになった

 

復帰したが、仕事との距離感がわからない

復帰直後は「仕事を頑張ったらうつ病になった」と思っていたから
頑張らなきゃいけなさそうな仕事を引き受けるのが怖かった
難しそうな仕事は引き受けたくない
しかし、断ると会社の中でやることがなくなってしまう
それも困る
うつになり仕事との距離感がわからなくなってしまった

 

仕事を無理しなかった結果、失敗して責められたらどうしよう
でも、無理して、うつ病になるのは嫌だ
仕事の仕方はこれでいいのか?これは正解なんだろうか?
思考は常に心配ばかり、緊張した状態がずっと続くからなのか毎日発熱した。
朝は平熱で出社するのだが、午後から発熱する
夕方に悪寒がして、家に帰ると37度って状態が3ヶ月ほど続いた

 

発熱も治まった頃、原因がわかる

2ヶ月半の休職で症状は治まったが
うつの予防法がわからなかったから
仕事との距離感がわからないまま調子がよくなったり悪くなったりを繰り返した

 

そんな僕が原因を見つけ
うつの予防法も仕事との距離も
なぜ、原因がわからなかったのかも
全部わかってしまったのです!
3話に続く

 

↓↓原因発見のきっかけになった本↓↓

 

 

-うつ病の原因
-

Copyright© 思考を思考する , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.